Android / デレステ

[CF.lumen] Androidでの液晶・色温度変更

0
Android端末上での、ホワイトバランス変更について。

上記アプリを使って表示発色バランスを、RGBで変更出来ます。

Android x86でも使用できました。
Rootを取ってないNvidia Shield k1でもいけた。
なので、スマホ・タブレットでも使えそう。

大抵のスマホ・タブレット機種は、色温度変更が出来ないはず。
そもそも、よほどの機種でなければ、
ちゃんとカラーキャリブレーションされていると思いますが。

それでも液晶の素性や個体差などで、
赤みを感じる。青みを感じるなど。気になる物があります。

そういった場合についても、使えるのではと。
(最近は聞かなくなりましたが、尿液晶とか)

設定はRGBで調整します。
アプリを切り替えても有効。
再起動しても維持されます。



なぜ今頃こんな情報を、というと。
4k173TP、2.5k133TPの問題で必要になりました。

基板側で設定が出来ない。ハードウェア上で調色が不可能。
Windowsは問題無い。Android x86で使うのに困った。OS・アプリ側で変更したかった。

外部接続するような液晶は調整が効くのが一般的ですが、上記2種はありません。
Nvidia Shield k1のように、設定・OS側でやるしか無いなと。

そういった経緯で使っているのですが。
スマホ・タブレットでも使えるんじゃないかな?と思って書いてみた次第です。


自分が撮った画像のホワイトバランスの事を考えると耳が痛いのですが。
(照明変えたりブース変えたり、撮影方法変えたりして統一してなかったのも)

有り体に言うと。色の発色を正しくするために、調整をします。
好みで調整すると、作った人が意図してない発色になってしまう。
なので、白を白らしくする事を基準にして合わせましょうと。

ホワイトバランスについて一応、説明書いておこうと思ったけど。
詳しくは検索すれば一杯出てくると思うので、検索して参照を。

数年前、LED照明が普及し始めた頃。
色温度の高い、青寄りに発光する昼光色LED照明しか無かった頃。
とある、お店の店内照明が全て、その昼光色になってしまった事があります。

その店内で手元のスマホ画面を見たら、画面が赤く被って見えて驚いた事があります。
普段丁度よく見えるのに、青気味の照明・環境の中で見ると、こんなにも違うのかと。

そういった形で。
端末自体のキャリブレーション・ホワイトバランスが取れていても。
室内の照明次第で見え方が変わったり、気になることがあります。

照明の好みというのも国によってあるそうです。
国内は色温度高め。海外は色温度低めが、好みの傾向だそうです。

もし色温度が高い環境で使うならば、端末の発色も、赤や黄色く感じると思います。
かといって、『照明を変更しろ』ってのも変な話しなので。

こういったアプリ・機器側で調整出来れば済むことなんだよね。
何故、Android標準の設定・機能として付けてくれないんだろうと。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.