Android / デレステ

Android-x86とか、そのデレステ環境作成とか

0
androidx86-19-06.png
空いた時間で書くので、後から整理・追記します。
自分が持ってる情報、小ネタみたいのしか無いですけど。

タイムリー・一時的な情報はこっちで書きます。
保存したほうが良い、残したほうが良い情報があれば後ででまとめようと思います。

このほか。
大凡のことは既に記述されていらっしゃる方の説明がわかりやすい。
そのようなわけで、情報あったら『そちらを参考に…』となると思います。

7.1でのミリシタ・デレステ動作

Android設定のApps compatibility/Naitve bribgeをonにする必要があります。
問題はONにしても動かない場合。必要ファイルのDLで詰まっている可能性がある。

対策としては、必要ファイルを手動でDLしてあげる。
更にミリシタの場合、6.0のファイルを使う必要があります。
デレステはVer.4.9.5以降、7.1のファイル使った方が安定してる。

ミリシタはcpu governorの影響を受けるので、performanceにしといたほうが良い。

※2019/08/18 
デレステVer.5.0.8の場合。
新たに対応したarm64-v8a(64bit版)では動作しないけど、armeabi-v7a(32bit版)ならこれまで通り。

対策はarmeabi-v7a(32bit版)を優先してDL・インストールさせる状態にする。
64bit版 OSなら、build.propから"arm64-v8a"を削除する。
もしくは、64bit関連の影響を受けない32bit版 OSを使う。

64bit版 OS build.prop編集する場合。
Playストアのキャッシュ削除した後、デレステを再インストールする必要あり。

https://developers-jp.googleblog.com/2019/02/get-your-apps-ready-for-64-bit.html
いずれ64bit版のみになるけど、アプリ側の32bit版が削除・32bit非対応になるまでは使えるかな。
x86と同じく切られゆく定め。32bit切られるまでにAndroid-x86が64bit対応出来るかどうか。

Android-x86 7.1版のhoudini を使う場合
※ソース

DLしたファイルをhoudini7_y.sfsにリネーム。

DLしたファイルをhoudini7_x.sfsにリネーム。

DLしたファイルをhoudini7_z.sfsにリネーム。


これらをdata/armファイルに入れる。
Androidからでも、X-plore File Managerとかファイラー使って入れ替え可能。


Android-x86 6.0版のhoudini を使う場合
DLしたファイルをhoudini7_y.sfsにリネーム。

DLしたファイルをhoudini7_x.sfsにリネーム。

DLしたファイルをhoudini7_z.sfsにリネーム。

これらをdata/armファイルに権限付けて入れる。


◆変換について
x86の動作・サポートされていないアプリの場合、ARM変換バイナリ・エミュレートが必要になります。
設定からNaitve bribgeをONにすることで、動作させる事が可能になります。

.mjtの日記復帰計画 - Android-x86のhoudiniはどこから来ているのか

PC watch - Bay Trailが実現する、WindowsとAndroidが共存するタブレット

intel houdini android pie

Gltools


Google Playストア版は4.01を最後に削除されてしまった。
Xdaに4.02があるけど恐らく公式では無い。中身は4.01に近いけど違いは無いかな。
4.02のほうがFPS表示の不具合が出にくい。解像度変更の最適化は4.01と同じくらい。

解像度変更はどっかで書いた呪文のとおりです。
提供不明のアプリとなるので、利用者の責任において使用してください。
androidx86-gl04.jpg


1パーティション内に複数のAndroid-x86

/gurb/menu.list を書き変えて、起動時のGRUBを変更する。
複数のOSビルドを保持しつつ、切り替えて使う場合に使えると思う。

それぞれのビルドをインストール後、ubuntのファイルマネージャー上で、右クリック・端末を開くでsudo nautilus /rootを入力。ルート権限ファイルマネージャーから、/gurb/menu.list を書き変える。

内容はこんな感じで。フォルダ名を書き換えたら、それぞれ合わせて変更しておくこと。

default=0
timeout=6
splashimage=/grub/android-x86.xpm.gz
root (hd0,0)

title Android-x86 7.1-r2
    kernel /android-7.1-r2/kernel quiet root=/dev/ram0 androidboot.selinux=permissive buildvariant=userdebug SRC=/android-7.1-r2
    initrd /android-7.1-r2/initrd.img

title Android-x86 8.1-r2
    kernel /android-8.1-r2/kernel quiet root=/dev/ram0 androidboot.selinux=permissive SRC=/android-8.1-r2
    initrd /android-8.1-r2/initrd.img

title Android-x86 7.1-r2-noroot
    kernel /android-7.1-r2-noroot/kernel quiet root=/dev/ram0 androidboot.selinux=permissive buildvariant=userdebug SRC=/android-7.1-r2-noroot
    initrd /android-7.1-r2-noroot/initrd.img

title Android-x86 7.1-r2-6.0r3-houdini
    kernel /android-7.1-r2-60r3houdini/kernel quiet root=/dev/ram0 androidboot.selinux=permissive buildvariant=userdebug SRC=/android-7.1-r2-60r3houdini
    initrd /android-7.1-r2-60r3houdini/initrd.img



参考

既に詳しく書かれている・参考になる所。

◆ダメ履歴
Android-x86でミリシタとか

Android-x86でデレステとかミリシタを新しめのハードウェアで動かす時のメモ書き
http://junksta.blog41.fc2.com/blog-entry-28.html

◆Cottpic
Android-x86 で 縦向き画面を90度回転させて表示

Android-x86 に Magisk を導入してみる!?

Android-x86 の default.prop と build.prop を編集する on Ubuntu
https://www.cottpic.com/2019/02/edit-default.prop-build.prop-androidx86.html

[PCでアンドロイド] Android-x86 で使える小技とおすすめアプリ

Windows PC で Ubuntu と Android-x86 をマルチブートする
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.