秋月電子 Sharp 6インチ液晶用ケース (CGシリコン 2560x1440)

秋月電子で販売されている、Sharp液晶キット用ケースです。

こちらは6インチ用ケースの紹介になります。

17sharp60-0020.jpg17sharp60-0017.jpg
17sharp60-0044.jpg17sharp60-0002.jpg

17sharpall-0003.jpg17sharpall-0002.jpg
7.9インチ・5.5インチ用のケースの紹介は下記になります。

秋月電子 Sharp 7.9インチ液晶用ケース (IGZO 1536x2048)
秋月電子 Sharp 5.5インチ液晶用ケース (CGシリコン 1920x1080)

液晶・基板調達先

中身の部品は、秋月電子さんから購入可能です。

SHARP 6インチ高精細CGシリコン液晶パネルセット 1440×2560ドット ラズパイ用
[LS060-CGS-LCD-SET]

外形・デザイン

透過ケースとしてはいつものです。
17sharp60-0083.jpg17sharp60-0084.jpg
17sharp60-0077.jpg17sharp60-0078.jpg
17sharp60-0020.jpg17sharp60-0019.jpg
17sharp60-0076.jpg17sharp60-0089.jpg
17sharp60-0073.jpg17sharp60-0074.jpg

特徴

17sharp60-0001.jpg17sharp60-0002.jpg
17sharp60-0076.jpg17sharp60-0089.jpg

知ってるよと言われそうだけど、基本的な事。
短く書こうとしても、逆にくどい気が…。

  • フレーム幅は強度保持を考慮して6mm~8mm。
  • M3ボルトを使用することで、締結強度を保持しています。
  • 座繰り処理を行い、アクリル内にボルト頭を埋め込んでいます。
  • ナットレス設計で、アクリルにタップ処理をしています。

マウントについては。
  • 三脚ネジ・Vesaを用いたマウント接続が可能。
  • 本体側の三脚接続に、ステンレスナットを使用。(1/4-20 UNC)
  • 金属ナットを使用しているので、しっかり締結出来る。

設計・強度について補足すると。
  • 試作品を壊して、強度テストをしてます。
  • 6箇所にボルト・タップを配置。アクリルがたわんだり、めくれるのを防いでいます。
  • 封入したような一体感・透過感を保つため、部品形状に合わせたカットを行っています。

※新品アクリルのため、保護紙を剥がした後、アクリルが密着しやすい状態になります。
アクリルが密着すると虹色のモアレが出ますが、7日程度で密着が収まります。

サイズ・重量

液晶・基板込みの寸法です。

本体のみ
外形サイズ:157x94x14 (mm)
ケース重量:219g

Vesa部品込み
外形サイズ:157x94x19 (mm)
ケース重量:261g
17sharp60-0012.jpg17sharp60-0011.jpg

機能追加・改良

17sharp60-0001.jpg17sharp60-0002.jpg
17sharp60-0079.jpg17sharp60-0080.jpg

以前の7インチと比較して。
他のケースで設けた改良・機能を追加しています。

  • ケース厚を16mmから14mmに薄型化。
  • スイッチパーツを大型化、連結式に。
  • 三脚ナットを本体内蔵、本体のみで三脚使用可能。
  • Vesa部品はナットレス、5mmアクリル一枚で扱いやすく。

17sharp60-0077.jpg17sharp60-0078.jpg
扱いやすさを重視で、シンメトリー・フラット形状にしています。

ケーブル取り回し方向は好み・環境によって違ってくると思います。
最背面に凹凸があると、設置がしにくい。使い勝手が悪くなるので、左右・上下対象にしています。


コネクタ接続部切り欠き
17sharp60-0008.jpg17sharp60-0009.jpg
17sharp60-0010.jpg17sharp60-0067.jpg
基板・コネクタを内側に寄せてあります。
正面から見た際にコネクタ・基板が目立たないようにしています。

コネクタ周囲についても、形状に合わせてカット。
基板の外部露出を抑えると共に、部品の一体感を出しています。

スイッチ

17sharp60-0069.jpg17sharp60-0032.jpg
ケース上からスイッチを操作出来るよう、仲介するパーツを設けています。
幅のある5mm厚アクリルから切り出した部品を使用しています。

操作性を良くするため、部品は大型・連結式に。
コネクタ周囲にも改良を加えて、誘い込みを設けて操作しやすくしました。

スイッチ部品は楔形状にして、内部で引っかかるようになっています。
ひっくり返しても脱落する事はありません。

連結型の部品は中央部に凹みを設けています。
2つのスイッチどちらの操作か、触って判断しやすくなっています。
17sharp55-0031.jpg17sharp60-0065.jpg
上記画像は別ケースですが、参考に。

スイッチ部の高さをケースから若干低くしています。
また、コネクタ周囲に隙間を設けています。

誘い込みを設ける事で、正面から背面に手を回した際。
どの辺りにあるのか、触感で場所が探りやすくなっています。
17sharp60-0065.jpg17sharp60-0064.jpg
"誘い込みの隙間"は、最背面の一枚下のレイヤーで隙間を埋めてあります。
基板コネクタ側で既に露出しているため、防塵としては気休めですが…。
接触機会の多いスイッチ部の露出は抑えて、少しでも汚れが入らないようにしています。

ケーブル

17sharp60-0059.jpg17sharp60-0061.jpg
ケーブル経路に合わせて、アクリルをカットしてあります。
液晶側FPCを経路に合わせて折ることで、丁度良く収まるようになっています。

ケーブル上にある部品の凹凸についても、アクリル側をカットして合わせてあります。
部品が押し込まれることが無いよう、逃しを設けてあります。

17sharp60-0060.jpg17sharp60-0062.jpg
17sharpffc-0012.jpg17sharpffc-0003.jpg
基板間のFFCケーブルは目立たないよう、基盤下に潜り込ませる構造になっています。

17sharpffc-0001.jpg
また希望があれば、短い60mm長のケーブルを別途提供致します。
短めのケーブルで、織り込んだ際の余剰が少なくなります。

折込時に上手くいくか不安があったり、テストしてから設置したいなど。
予備が欲しくなると思うので、2枚セットで提供致します。

ポリカねじ

17sharp60-0085.jpg17sharp60-0086.jpg17sharp60-0087.jpg17sharp60-0088.jpg
標準はステンレス皿ボルトですが、
要望があれば、透明なポリカ皿ネジをお付けします。

アクセント・清潔感を重視する場合、標準のステンレスを。
アクリルとの一体感を重視する場合、このポリカネジで。

ネジ・スペーサー

17sharpffc-0021.jpg17sharpffc-0022.jpg
ネジの規格品の問題で、ワッシャーを挟んで基板を固定します。
ネジ長の合う規格品(ポリカネジ)が無かったためです。

アクリル厚が2mm。基板厚が1mm。
3mm長のネジがジャストなのですが、規格品が4mmしかありません。

金属系を使えばあるのですが、透過ケースで美観を重視したいため、
ポリカねじを引き続き使うため、ワッシャーを挟んで固定することにしました。

※蛇足ですが。
以前のケースはワッシャー無しにする前提でもって、ああなってました。
今回は他の2種ケース含めて、これで最大3mm削減出来るため変更しました。

三脚ナット内蔵・Vesa部品別体

17sharp60-0058.jpg17sharp60-0021.jpg
三脚ナットは本体側に内蔵しました。
マウントパーツが不要になり、以前の物と比べて扱いやすくなっています。

ただしスペース上の問題で、中心軸からずれた位置に配置してあります。
中心軸からずれていると、設置時の重量バランスがずれる事。
縦横を切り替えた際に中心が異なってしまう問題があります。

17sharp60-0004.jpg17sharp60-0005.jpg17sharp60-0006.jpg17sharp60-0007.jpg
ただそれも、金属ナットを使用している事で、しっかり締結・保持出来ること。
中心軸維持は別体のVesaマウントパーツで行うことにしました。

本体だけで三脚を使える事。
薄型化を目的に、設計することにしました。
17sharp60-0022.jpg17sharp60-0028.jpg
Vesaは別体式の部品として、オプション扱いになります。

使用頂いた方の意見を伺うと…
三脚の利用頻度が高い。Vesaは需要・頻度が低い。

設計上、三脚ナットを内蔵出来るスペースがあった。
逆にVesaナット用のスペースが無かったため、Vesaのみ別体にしました。

利点としては、上記した厚みが削減出来る事です。
三脚ナットを内包には"6mm厚分のスペース"が必要ですが、
マウントパーツ側のスペースを考慮する必要が無くなったため、マウント側も薄くなりました。

Vesaマウントパーツ
17sharp60-0003.jpg17sharp60-0023.jpg
上記した通り。Vesaは別体になりましたが、
部品構成が代わった事で、使い勝手は向上しています。
ナットレスになった事と、5mm厚アクリルの一枚構成になり、扱いやすくなっています。

17sharp60-0024.jpg17sharp60-0025.jpg
ナットレス化のため、アクリル自体ににタップを設けました。
厚みのある5mmにタップを設けて、ネジ山数・締結強度確保しています。

アクリルへのタップは、金属ナットに比べて強度は落ちますが、
以前制作したケースでもって、強度は確認出来ています。
17sharp60-0040.jpg17sharp60-0041.jpg
17sharp60-0046.jpg17sharp60-0047.jpg
5mm厚一枚を使っている事で、質感も向上しています。

17sharp60-0004.jpg17sharp60-0005.jpg上記した通り。マウントパーツ側の三脚穴は、中心軸に合わせてあります。
どうしても中心軸に合わせる必要が有る場合、
マウントパーツを使用すれば解決出来るようにしました。

17sharp60-0031.jpg17sharp60-0030.jpg
17sharp60-0032.jpg17sharp60-0033.jpg
マウントパーツはスイッチを避ける形状になっています。
マウントパーツを使用してもスイッチが押せるよう、干渉を避けてあります。
スイッチと同じサイズでは押した際に指が干渉するため、大きめに切り込んであります。


以下は参考画像。
マウントパーツ接続時の、外形状態。
以前と比較して、背面の野暮ったさは薄れたと思います。
17sharp60-0044.jpg17sharp60-0045.jpg17sharp60-0051.jpg17sharp60-0049.jpg
17sharp60-0053.jpg17sharp60-0052.jpg
17sharp60-0034.jpg17sharp60-0035.jpg17sharp60-0036.jpg17sharp60-0037.jpg
17sharp60-0039.jpg17sharp60-0038.jpg
17sharp60-0042.jpg17sharp60-0043.jpg

FFC折り返し

17sharpffc-0002.jpg17sharpffc-0003.jpg
上記しましたが、基板間のFFCケーブルは基盤下に隠蔽出来るようになっています。
付属のケーブルでも収まるよう、大きめに設計してあります。

17sharpffc-0004.jpg
まずは副基盤の方にケーブルをセット。

17sharpffc-0005.jpg17sharpffc-0006.jpg
主基盤の方にも接続して、余剰分が下側に出るようにします。

17sharpffc-0007.jpg17sharpffc-0008.jpg
余剰分を基板の下に折り込んで、軽く折り跡を付けます。

17sharpffc-0009.jpg
ここでしっかり織り込もうとしても、まだ折込が足りない状態になると思います。

17sharpffc-0010.jpg
一端ケーブルを取り外して、しっかり折り込みます。

17sharpffc-0011.jpg17sharpffc-0012.jpg
17sharpffc-0013.jpg17sharpffc-0014.jpg
最終的に織り込んだケーブルをセットして完了です。

17sharpffc-0015.jpg17sharpffc-0016.jpg
浮き上がりが収まらない場合、液晶側を押しこんでしまう事があります。

その場合、両面テープで基板側に接着するか。
折込方向を逆にして、基板上に余剰が来るようにして下さい。
17sharp60-0013.jpg17sharp60-0014.jpg17sharp60-0015.jpg

余った

詳細の参考になるかもしれないので、残しておきます。
17sharp60-0018.jpg17sharp60-0063.jpg
17sharp60-0027.jpg17sharp60-0029.jpg17sharp60-0057.jpg17sharp60-0068.jpg17sharp60-0057.jpg


17sharp60-0016.jpg17sharp60-0017.jpg
17sharp60-0072.jpg17sharp60-0075.jpg
17sharp60-0026.jpg17sharp60-0054.jpg

17sharpall-0009.jpg17sharpall-0008.jpg17sharpall-0001.jpg


17sharpall-0007.jpg17sharpall-0010.jpg


関連記事

Comment

お返事が必要な場合、メールにて御一報下さい。
紹介済み・重複する内容については、返信致しません。

Android x86関連は下記を情報交換に使ってください。
http://halfcoin.blog.fc2.com/blog-entry-48.html

If you need a reply please contact us by e-mail.
hiyokuirimo●gmail.com(●→@)

(編集・削除用)

検索フォーム

プロフィール

Author:島根鳥取
hiyokuirimo●gmail.com(●→@)

ヤフオク出品一覧
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/rdive6

Twitter
https://twitter.com/shimane_ttt

カテゴリ

提供中の物

eGPUケース
[キット(試作中)]

4k 17.3インチ液晶 & タッチパネル
[キット]

2.5k 13.3インチ タッチパネル液晶
[製作中]

4k 15.6インチ液晶 & タッチパネル
[キット]

13.3インチ タッチパネル液晶
[ケース]/ [中身]

4k解像度 15.6インチ液晶
[改良版ケース] /[中身]
[旧版ケース] / [ブラスト版ケース]

2017年 Sharp液晶用ケース
[ 7.9インチ用] / [6.0インチ用]
[5.5インチ用]

ipad AbuseMark
[HDMIケース] / [DP/MiniDPケース]
[ブラスト版]

2015年 Sharp液晶 7インチ 軽量化版
[ケース] / [画像]

2015年 Sharp液晶 7インチ 通常版
[ケース] / [画像]

IPS 11.6 & 13.3インチ液晶
[キット]

最新記事

ミリシタ・アスぺクト比 2017/09/17
4k17.3 TP 2017/09/10
eGPUケース 2017/09/09
eGPU 検証 2017/09/09
eGPU関連の情報交換と、参照先 2017/09/09
9月の近況 2017/09/09
8月 連絡と近況 2017/08/13
改良版・4k・15.6インチ液晶用ケース 2017/07/22
秋月電子 Sharp 5.5インチ液晶用ケース (CGシリコン 1920x1080) 2017/07/10
秋月電子 Sharp 7.9インチ液晶用ケース (IGZO 1536x2048) 2017/07/10
秋月電子 Sharp 6インチ液晶用ケース (CGシリコン 2560x1440) 2017/07/10
[CF.lumen] Androidでの液晶・色温度変更 2017/07/09
Abusemark ipad 9.7インチ液晶用ケース・HDMI版用 2017/07/06
[Android x86] デレステ・リッチモード と ミリシタ動作 2017/06/30
情報交換の場が無いかもと 2017/06/21

RSSリンクの表示

リンク

Copyright © 島根鳥取