改良版・4k・15.6インチ液晶用ケース

海外で販売されている『4k解像度・15.6インチ液晶用』のケースです。
スイッチ基板が変更になったため、それに合わせて改良・修正をしました。


17-4k156-0021.jpg17-4k156-0017.jpg
17-4k156-0044.jpg17-4k156-0054.jpg
17-4k156-0034.jpg17-4k156-0037.jpg

中身の4k 15.6インチ液晶の詳細。
以前の 4k・15.6インチ液晶用ケース。

外形・デザイン

基本は以前通り、透過型のケースです。
細かい修正をしていますが、書いてない所は恐らく気付かれないはず。

17-4k156-0023.jpg17-4k156-0021.jpg
17-4k156-0022.jpg17-4k156-0025.jpg
17-4k156-0053.jpg17-4k156-0054.jpg
17-4k156-0055.jpg17-4k156-0052.jpg
17-4k156-0043.jpg17-4k156-0044.jpg
17-4k156-0045.jpg17-4k156-0046.jpg
17-4k156-0059.jpg17-4k156-0056.jpg
17-4k156-0057.jpg17-4k156-0058.jpg

サイズ・重量

液晶・基板込みの寸法です。

外形サイズ: 382x 242x26 (mm)
重量:1465g (液晶・基板部品込み)

液晶部外形サイズ:382x 242x12 (mm)

特徴

17-4k156-0023.jpg17-4k156-0049.jpg
17-4k156-0020.jpg17-4k156-0015.jpg

以前と共通。いつもの所です。
  • フレーム幅は強度保持を考慮して6mm~8mm。
  • M3ボルトを使用することで、締結強度を保持しています。
  • 座繰り処理を行い、アクリル内にボルト頭を埋め込んでいます。

マウント関連は。
  • 液晶固定はスペーサーを用いてフロート化
  • 三脚ネジ・Vesaを用いた設置が可能。
  • 三脚・Vesa接続にはステンレスナットを使用。(1/4-20 UNC)

17-4k156-0032.jpg17-4k156-0041.jpg
17-4k156-0025.jpg17-4k156-0043.jpg

設計・強度について補足すると。
  • 試作品を壊して、強度テストをしてます。
  • 放熱用スリットを設けて、液晶の発熱上昇を抑えています。
  • 封入したような一体感・透過感を保つため、部品形状に合わせたカット。
  • 接続中のケーブルが邪魔にならないよう、コネクタを中心・側面側に配置しています。


※新品アクリルのため、保護紙を剥がした後、アクリルが密着しやすい状態になります。
アクリルが密着すると虹色のモアレが出ますが、7日程度で密着が収まります。

機能追加・改良

17-4k156-0017.jpg17-4k156-0005.jpg
17-4k156-0037.jpg17-4k156-0034.jpg

スイッチ変更に伴って改良を始めたのですが、せっかくなので。
他のケースで設けた改良・機能を追加しています。


  • スイッチ部品変更に伴った設計変更。
  • 内部ケーブルの配置・組み立て性を向上。
  • 5mm厚アクリル使用による質感向上。
  • レイヤー部品点数削減。(積層枚数の削減)
  • 以前比で厚みを1mm削減。 (27mmから26mmに)

スイッチ

17-4k156-0001.jpg17-4k156-0035.jpg

スイッチ基板がタクトスイッチになったため、設計を変更しました。
設計変更する起因になった所で、ユニット部分は別物になっています。

ケース上からスイッチを操作出来るよう、仲介するパーツを設けています。
スイッチ部品は楔形状にして、内部で引っかかるようになっています。
ひっくり返しても脱落する事はありません。

電源on/off側は単独パーツ。光量設定側は連結式になっています。
光量操作時、up/downを行き来すると思うので、セパレートの無い一体式にしています。
連結型の部品は中央部に凹みを設けているので、どちら側か触感で判断しやすくなっています。

パーツは幅のある5mm厚アクリルから部品を切り出して使用。
スイッチ部は周囲に誘い込みを設けて、ボタン位置を探りやすくしてあります。
ボタン高さをケースから若干低くすると共に、コネクタ周囲に隙間を設けています。

誘い込みの隙間は、最背面の一枚下のレイヤーで隙間を埋めてあります。
頻繁に接触する操作部から、汚れが内部に入らないようになっています。

ケーブル

17-4k156-0037.jpg17-4k156-0018.jpg
ケーブルを綺麗に収められるよう、基板間のケーブル配線を変更しました。

17-4k156-0030.jpg17-4k156-0036.jpg17-4k156-0035.jpg17-4k156-0019.jpg
ステップル形状のケーブルホルダー設置で、ケーブルを固定。
それと、加工したケーブルを用いれば、最短距離で配置出来るようにしています。

加工済みのケーブルはオプション扱いになりますが、要望があれば。
こちらで加工した物を添付します。(赤いケーブルになるかも。)

TP133ch-003.jpg TP133ch-002.jpg

ホルダー部品は、母材側に部品を圧入して設置・固定します。
上記画像は別のケースのものですが、トンネルに通すような形状になっています。
取り外し可能かつ、ケーブルを圧迫しない構造になっています。

5mm厚アクリル

17-4k156-0003.jpg17-4k156-0004.jpg
17-4k156-0018.jpg17-4k156-0029.jpg

背面ユニット部は、5mm厚のアクリル中心に使っています。
以前は2mm厚と3mm厚アクリルの混成でしたが、質感と構造強度向上。
部品点数削減を狙って構成を変更しました。

液晶として使っていると。
背面なんて見えもしないのですが…。

5mm厚アクリルを使うことで。
内部に入った光がカット部分・エッジ部分に反射して透過感が強く出ます。
また厚みがある分、アクリルの強調感が出て、シンプルかつ豪胆な感じになっています。

17-4k156-0005.jpg17-4k156-0006.jpg
17-4k156-0007.jpg17-4k156-0016.jpg

また、強度を持たせるのも目的で、片持ち形状にするため厚みを持たせています。
片持ちは根本に負荷が掛かったり、細長い部分が増えて折れやすくなります。

2mmや3mm厚でも部品の切り出しは出来るのですが。5mm分の厚みがある事。部品点数が削減されているので、組み立ての難は軽減されていると思います。また、透過ケースだとレイヤー枚数増えたり、分割箇所の継ぎ目が直に見えてしまうので、美観を損ねないよう、一枚の部品で構築しました。


放熱・液晶固定

17-4k156-0002.jpg17-4k156-0040.jpg

ここは以前通りですが。
液晶はスペーサーを介して、ケースから浮かせて固定しています。



17-4k156-0041.jpg
液晶から出る熱を排出するため。
背面部に放熱用のスリットを設けています。

前面側は防塵のためスリットを設けられないため。
液晶とアクリルの間に内部空間を持たせせて、温度の上昇を抑えています。

放熱性は昨年の夏、長時間使用をして動作確認を確認しています。
日中・空調無し・外気温・室内でもって7日使用。支障がないことを確認しました。

スリットはもっと増やすことは可能ですが。
内部への空気流入が多いと、塵・埃が前面側に周り込みやすくなります。(液晶が汚れれる)
そのためスリットはピンポイントの冷却をメインにして、半密閉構造を維持しています。

前面側は液晶とアクリルとの間に2.5mm程度の空間を設けています。
その空間に熱を拡散性。前面のアクリル全体に熱を分散して、ゆるやかに放熱しています。

スリット箇所は3mm板厚アクリルを切り抜いてスリットを設けています。細長いので脆そうですが、指で押し込んでも曲がりませんし、爪でやると、爪が割れるくらいの強度があります。



コネクタ部カバー

17-4k156-0027.jpg17-4k156-0028.jpg
17-4k156-0031.jpg17-4k156-0033.jpg 

コネクタカバーは本体側のスリットに圧入して固定します。
スリット側を-0.1 ~-0.2mmほど狭くしてあるので、しっかりした固定力があります。

スリットが狭い分入れにくい時があります。
その際はカバー側のエッジをカッターで剃って落とりたり。
シリコンオイルを塗ると挿入しやすくなります。

圧入する力加減が分かりづらい、破損する懸念があると思います。
そのため、予備部品として2枚添付します。

4k15-r2-a009.jpg4k15-r2-a007.jpg
4k15-r2-a006.jpg4k15-r2-a005.jpg 
上記のは以前のケースですが…。

DCコネクタ周囲は短いプラグに対応するため、開放部分を大きく作っています。
短いプラグの場合、2mm厚のカバーが間にあると挿入の妨げになるため、カバー側の開放を大きく取り、プラグカバーごと差し込む形でもって、挿入長を保っています。

三脚・Vesa

17-4k156-0020.jpg17-4k156-0039.jpg
ケース背面側には、三脚とVesa固定用のナットを設けてあります。
画面を回転させた際に中心軸のずれが無いよう、ケース中心部に儲けてあります。

金属製のナットを使用しているので、強い締め付けが可能で、破損しにくくなっています。

ポリカねじ

17-4k156-0010.jpg17-4k156-0011.jpg
17-4k156-0012.jpg17-4k156-0013.jpg
17-4k156-0008.jpg17-4k156-0014.jpg
標準はステンレス皿ボルトですが、
要望があれば、透明なポリカ皿ネジをお付けします。

アクセント・清潔感を重視する場合、標準のステンレス。
アクリルとの一体感を重視する場合、このポリカネジが適していると思います。

問題が一点あって、ネジ長が1mm程度余る箇所があります。
ケース下部・3箇所。ポリカネジ規格品に14mmが無いため、15mmネジを使用します。
1mm程度突き出しが出るので、気になる場合はネジを削ったり、カットして使用して下さい。

余った

17-4k156-0042.jpg17-4k156-0051.jpg
17-4k156-0048.jpg17-4k156-0047.jpg
17-4k156-0017.jpg


蛇足

とりあえずこんなところですかね?
後でスイッチの事、ここで書いときます。二転三転してた件で。
書こうもその時間が無いんで困った。

関連記事

Comment

お返事が必要な場合、メールにて御一報下さい。
紹介済み・重複する内容については、返信致しません。

Android x86関連は下記を情報交換に使ってください。
http://halfcoin.blog.fc2.com/blog-entry-48.html

If you need a reply please contact us by e-mail.
hiyokuirimo●gmail.com(●→@)

(編集・削除用)

検索フォーム

プロフィール

Author:島根鳥取
hiyokuirimo●gmail.com(●→@)

ヤフオク出品一覧
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/rdive6

Twitter
https://twitter.com/shimane_ttt

カテゴリ

提供中の物

eGPUケース
[キット(試作中)]

4k 17.3インチ液晶 & タッチパネル
[キット]

2.5k 13.3インチ タッチパネル液晶
[製作中]

4k 15.6インチ液晶 & タッチパネル
[キット]

13.3インチ タッチパネル液晶
[ケース]/ [中身]

4k解像度 15.6インチ液晶
[改良版ケース] /[中身]
[旧版ケース] / [ブラスト版ケース]

2017年 Sharp液晶用ケース
[ 7.9インチ用] / [6.0インチ用]
[5.5インチ用]

ipad AbuseMark
[HDMIケース] / [DP/MiniDPケース]
[ブラスト版]

2015年 Sharp液晶 7インチ 軽量化版
[ケース] / [画像]

2015年 Sharp液晶 7インチ 通常版
[ケース] / [画像]

IPS 11.6 & 13.3インチ液晶
[キット]

最新記事

ミリシタ・アスぺクト比 2017/09/17
4k17.3 TP 2017/09/10
eGPUケース 2017/09/09
eGPU 検証 2017/09/09
eGPU関連の情報交換と、参照先 2017/09/09
9月の近況 2017/09/09
8月 連絡と近況 2017/08/13
改良版・4k・15.6インチ液晶用ケース 2017/07/22
秋月電子 Sharp 5.5インチ液晶用ケース (CGシリコン 1920x1080) 2017/07/10
秋月電子 Sharp 7.9インチ液晶用ケース (IGZO 1536x2048) 2017/07/10
秋月電子 Sharp 6インチ液晶用ケース (CGシリコン 2560x1440) 2017/07/10
[CF.lumen] Androidでの液晶・色温度変更 2017/07/09
Abusemark ipad 9.7インチ液晶用ケース・HDMI版用 2017/07/06
[Android x86] デレステ・リッチモード と ミリシタ動作 2017/06/30
情報交換の場が無いかもと 2017/06/21

RSSリンクの表示

リンク

Copyright © 島根鳥取