4K 15.6インチ液晶・タッチパネルキット(LG LP156UD1)

15.6インチ・解像度4k(3840x2160)のタッチパネル液晶キットです。
液晶・基盤は以前入手した物を用いて作成しています。


4kTP156-ma-001.jpg 4kTP156-ma-022.jpg 
4kTP156-tp-022.jpg 4kTP156-tp-042.jpg 


◆経緯
4k・15.6インチ液晶の導入

8kデレステ専用PCを作る経過

暫定・連絡用 4k 15.6インチ+タッチパネル

 



要点

  • 4k解像度・15.6インチサイズ・タッチパネル
  • 10点認識 ガラス製タッチパネル (実用性は4~8点)
  • タップ時、液晶への圧力影響の排除
  • ケースは改良版13.3インチ・タッチパネルを踏襲
  • スイッチ部の操作性向上

とにかく。
4k・15.6インチ・それでタッチパネルが使える事。
設計した部分は目新しい事がないので。あまり書くことが無い。

外装

4kTP156-ma-001.jpg 4kTP156-ma-002.jpg 4kTP156-ma-003.jpg 4kTP156-ma-011.jpg

4kTP156-ma-021.jpg 4kTP156-ma-022.jpg 4kTP156-ma-023.jpg 4kTP156-ma-024.jpg 
いつもの感じなので。退屈。
デザインとか言うほど、13.3インチTPと違いがありません。


液晶


P1120936-1200.jpg 4k15-r1-c012.jpg 
4k解像度・15.6インチ液晶を使用しています。
部品はEbay - ElecRealm氏の物を使用しています。

4k・15.6インチ液晶の導入


ペンタイル・RGBWの欠点。実解像度が劣る・シャギーが出る問題はありますが、15.6インチだと高密度・高解像度のため、欠点が目立ちにくい事。発色・光量が優れている事など。この液晶・サイズでの利点もあります。

一番はタッチパネルとして組み合わせるのに、適度な画面サイズな事。
指が届く操作のしやすさ。操作距離でも、視界内に画面が収まる、見やすさもあります。

応答速度は13.3インチTPと同じですが、解像度が高いこと・光量が多いことが寄与して、映像の残像感はこちらの方がありません。



タッチパネル

癖はありますが、実用性は高いです。

◆反応
タッチ入力感度は13.3インチTPに劣ります。

反応が認識されるのはパネルに指を接触して、触感を感じた辺りから、僅かに押し込んだ所。
触感ギリギリの所では反応を拾いません。

実際使ってみると。
表現が難しいのですが、4点認識までは『押し込む』という意識は必要ありません。
画面サイズが大きい事もあり、無意識に力が入り始めると思います。操作の動きも大きくなるので。

当初は使い物にならないかと思ったのですが、13.3インチTPが良すぎました。欠点はありますが、十分マシなほうだと思います。反応が良いのも困った事があって、うっかり触った程度で入力入ってしまう事があります。いずれも良し悪しな所なので、許容を認識して、実用的に使えると思います。

◆認識
10点認識が可能です。
実用範囲は8点までの操作です。

 

タッチ認識は8点が実用範囲。
フリック・スワイプは片手3点が実用範囲。
ドラッグは片手3点、両手で6点が実用範囲です。

原因はコントローラーの問題と、上記の入力感度です。

◆コントローラー
操作・入力量が増えるとハングアップして、2秒ほどフリーズします。
タッチ点数が多いと入力量が増える。処理が追いつかないのが原因のようです。

10点くらいだと、すぐフリーズします。4点くらいなら問題ありません。
4点なら『こんなに長く入力する事って無いよな』くらいまで入ります。

◆感度
上記した、反応そのものが原因で、片手5点は厳しい。

片手指5点くらいになると、指一本辺りの圧力が減って認識が落ちます。
意識して押し込まないと、入力が入りにくくなる。といった具合で意識しないと操作できません。
 
上のテストでも8点辺りから反応が怪しいので、力を掛けて認識させています。
左手薬指の反応が途中で抜けはじめているので、力を掛け直しています。

片手だと指3本、両手だと指4本くらいなら問題ありません。
そこまでの入力を求めるアプリはあまり無いので、恐らく支障は無いかと。
(スマホ向けアプリは端末を持って操作するのが前提。2点操作のものが多く、4点もあまり無い)

タッチパネルの実用性

これも動画の方がわかりやすいので。

◆いつものネバネバベンチ
サビ前、長い折り返し込みのフリックもok。
圧力を掛けにくい小指込みの6本でも、ちゃんと遊べています。

 


◆Orange Sapphire Mas+
序盤・中盤の連打、指6本使っても反応しています。
連打交えたロングタップ・フリック・スライドの参考になれば。



スライド(ロングタップ+横移動)は意識せずともホールド抜け無し。
ノーツやスライドの頭をこぼしてるのは自分の限界です。ごめんなさい。


◆お願いシンデレラ Mas
ノーツ量が少ない分、同期が取れている参考になれば。
個々の操作・映像・音の同期確認用に。最強究極オランジェット。



1.0m先のスピーカーから出した音を、カメラのマイクで拾ってます。
ヘッドフォンに比べると遅れますが、気持ちよく遊べます。

サイズ比較

4kTP156-co-003.jpg 4kTP156-co-004.jpg 4kTP156-co-005.jpg 4kTP156-co-006.jpg 
4kTP156-co-001.jpg 4kTP156-co-002.jpg

Nvidia Shield K1と、2k 13.3インチ タッチパネルです。


タッチスクリーン部品

4kTP156-tp-011.jpg 4kTP156-tp-001.jpg

Greentouch社・海外代理店から調達した部品を使用しています。

スクリーン部は恐らくGreentouch社製。
コントローラーはTouchKit社製 (EETI IC x2)。

スクリーンは静電容量方式。
表裏側ともにガラス構成。硬度6H。厚さは1.5mm。

コントローラーはUSB接続。識別解像度は4096x4096。
対応OSはWindows10・Android6.0/7.0で確認。
認識は10点まで可能ですが、上記の説明のとおりです。

◆調達
問題はスクリーン・コントローラー共にいくつか種類がある。代理店によって構成も違う。
この辺りOEMなのかわからないのですが、別ブランドで似た構成のものがあります。

複数種扱っている所に使用感を相談して、オススメということで上記のセットに決めました。
メーカー、コントローラーIC種、シングル・デュアルIC構成の違いで、操作感に違いが出るそうです。(そのため、他の部品の使用感などわかりません。深掘りをしていません。)


◆コーティング
コーティングが無いので、こちらでフッ素コートしています。

提供分は試供用のコーティング材を添付します。
ガラスポリマー入り、使い切れないことで有名なヤツです。

メーカー品のコーティングしてあるタブレットに比べると、滑りは劣りますが、まめにコーティングして維持できるので、実用性で見ると同じくらいです。半月くらいで効果が落ち始めますが、気が向いたらコーティングしておく感じでメンテナンスをすれば、十分使っていけます。


◆タッチパネルケーブル取り回し
4kTP156-tp-012.jpg 4kTP156-tp-013.jpg 
ケース設計するのに、FPCの位置が最悪です。

FPCがスクリーン部に直付けされている。ケーブル外せない。キツく曲げると付け根がもげる。
背面にケーブルを回そうとすると、ベゼル枠から大きくはみ出る。

4kTP156-tp-011.jpg 4kTP156-tp-021.jpg
デザイン・レイアウトするのに最悪です。
13.3インチTPのように、見えない位置にケーブルを通す事が無理です。

今回、ベゼル枠以上に外側に出てしまう分は、パームレスト代わりの蓋を設けて隠蔽。
配線は一旦手前側を経由。手前からケース背面のコントローラーまでケーブルを導く。
取り回しがみっともないのですが、ケーブルを手前側からグルッと背面側に回り込ませています。

パームレスト

4kTP156-ma-053.jpg 4kTP156-ma-011.jpg

パームレストはケーブルの問題で当初妥協で設けたのですが…。
ゲームプレイ中、待機時に手を置くのにちゃんと使えます。

手のひら、指の付け根あたりを押し込むような感じで、指だけ浮かせて待機。
ゲームが始まった際、指を伸ばせば即座に操作・対応できます。

手を空中に浮かせて待機したり、手前側・テーブル面に手を置いて休めるよりも楽。
パームレスト部分は黒色・マットなので、汚れが目立ちにくくなっています。
もし傷んだり、汚れたら、貼り直しも出来る。

4kTP156-tp-022.jpg 4kTP156-tp-021.jpg

パームレスト部分は2mm厚のアクリルを使っています。
スクリーン部分よりも高さが出てしまいますが、強度が無いと薄いと手を置いた際、FPC部分が大きく落ち込んでしまうため、2mmアクリルを使用しています。


スクリーン・液晶の距離

4kTP156-tp-042.jpg 4kTP156-tp-031.jpg
操作時の座標ズレを抑えるため、液晶とスクリーンの距離をなるべく詰めています。

スクリーン部品は電極をガラスで挟む形で構成されています。その部分に段があります。
前面側ガラスでケースと接合。背面側ガラスはケース内に落とし込み。
液晶との距離を詰めています。

4kTP156-pa-002.jpg 4kTP156-pa-006.jpg 
液晶側もスクリーンになるべく近づけるため、スペーサーで間隔を調整。
液晶側を持ち上げる形で、スクリーンに近づけています。

液晶の固定には、低頭ネジを使用しています。
液晶を持ち上げた際、ネジ頭がスクリーンに当たらないようにしています。

◆タッチ時、液晶への影響
今回、相当強く押し込まないと、液晶への影響は出ません。
13.3インチTPでは操作時、液晶が押し込まれて表示に影響が出ていましたが、今回はありません。

今回は液晶・スクリーン部品が別々になっている事に加えて、スクリーンがガラス製。
2mm厚で剛性があるため、液晶への影響は出ません。


◆座標
2.0mm厚ガラスで厚みがある分、視差・意識との座標ズレが出てしまいます。
これは実用感・指での操作で言えば、気にならないレベルです。
細かい操作に対しては、指の太さの方が問題になるかも。


スクリーン・液晶の座標調整用に、部品を少し動かせるだけの遊びを設けています。
調整をシビアにしないと違和感が出るかと思って設けたのですが…。
実際組み立てたら、然程ズレても違和感が無いようです。
位置合わせを適用にやっても、甘めにしても違和感が出ませんでした。

位置合わせ・座標調整は神経質にならずとも大丈夫です。
(この4k液晶の1pixel分の細さのペン・指で操作出来るなら別ですが)


スイッチ・ケーブル

4kTP156-ma-041.jpg 4kTP156-pa-022.jpg

低傾斜で使うとスイッチ部分が隠れやすいので、ユニット部とは分離しました。

スイッチ基盤を側面側に寄せてあります。
正面から背面側に手を回した際、操作しやすくなっています。

ゲーム用・タッチパネルとして使うと、ほぼメインモニターとしての使用。
電源の電源のon/off、光量操作は頻繁にする事になるので、操作性優先で分離しました。
側面に寄せている分、指を深く潜り込ませないでも、操作が出来ます。

4k15-r1-p003.jpg 4kTP156-ma-022.jpg 

左は以前制作した、普通の4k15.6インチ用ケース。

デザイン上、ユニット部にくっつけてしまえば、一体感が出て良いのですが。
タッチパネルとして使う際、低傾斜・寝かせ気味に使うと、スイッチがテーブル面に近く、埋まってしまう。指が入らない。おまけに中央部に寄せているので、操作位置も遠い。

幸い、スイッチがタッチセンサー式で基盤の厚みが無いので、分離しても厚みが出なかった。
というのもあります。
4kTP156-ma-071.jpg 4k15-r1-s021.jpg 
4kTP156-pa-021.jpg 4kTP156-as-069.jpg


その他、いつもの


いつもので目新しさが無い所。
それと、使う上で知らなくても差し支えない所。

◆スクリーン保持
P1120936-1200.jpg 4kTP156-tp-050.jpg 

4kTP156-tp-041.jpg 4kTP156-tp-033.jpg
ケース側が液晶上に張り出して、スクリーンを保持する部分を設けています。
スクリーンより液晶が大きい部分があるため、張り出しを設けて、スクリーンを支えています。

スクリーン枠を超えてしまうのは、液晶下部部分。
位置を合わせると、液晶ユニット部がスクリーン部品からはみ出ててしまいます。

張り出し部分はレーザーカッター・彫刻で削って加工。厚みを抑えています。
張り出しに厚みがあると、液晶とスクリーンの間を詰められない。厚みが薄いと、ユニット部からの熱を受けて変形してしまうため、影響をテストして、両方に耐えるだけの厚み。1.0mm程度の厚みを持たせています。(バックライト光量最大、7日間連続稼動テスト)


◆ベゼル
 4kTP156-tp-037.jpg 4kTP156-tp-039.jpg 
細いベゼル部分は2mm厚アクリルを2枚接着。実質4mm厚に。
接着で強度が出るので、ベゼル幅は4mmまで詰める。

◆外形設計
4kTP156-ma-053.jpg 4kTP156-ma-001.jpg
ケースはタッチスクリーン外形に合わせて一体感を出しています。

側面側からの衝撃対策。ケース外形をスクリーンよりも1mm程度大きめにしてあります。
ぶつけた際、スクリーンが割れないよう、先にケースが当たるようにしています。

◆放熱
4kTP156-ma-031.jpg  4kTP156-pa-062.jpg 
液晶ユニット部からの熱を逃がすため、背面部分にスリットを設けています。
今回はタッチパネルのFPCケーブルを背面に回している都合、中央部にスリットを設けられません。

そのため、液晶直下の部分はユニット部の形に合わせて、えぐるような形で切り取り、液晶背面側に熱溜まりを設けて、そこから横方向に熱を逃しています。
4kTP156-pa-063.jpg 4kTP156-pa-061.jpg


4kTP156-pa-002.jpg 4kTP156-pa-006.jpg
液晶自体もフロートして空間を持たせているので、内部の温度の影響は緩やかになっています。
前面側はタッチスクリーンとの位置を詰めるため、放熱は背面側で対処。

◆ケーブル接続位置
4kTP156-ma-061.jpg 4kTP156-ma-062.jpg 

接続ケーブルは背面ユニット部・側面に接続します。
液晶利用時、ケーブルが邪魔にならないようにしています。

◆アクリル
4kTP156-ma-052.jpg 4kTP156-ma-053.jpg 
露出部分はマットアクリルを使用。汚れが付きにくくなっています。

タッチスクリーンとの接点部分は、光沢アクリルを使用。
露出部分を光沢で合わせて、タッチスクリーン・ガラスとの違和感を抑えています。

◆スタンド
4kTP156-ma-071.jpg 4kTP156-ma-072.jpg 4kTP156-ma-073.jpg 4kTP156-ma-074.jpg
スタンドパーツを付けて、低傾斜で利用出来るようにしています。(オプション扱い)


◆ランド
4kTP156-pa-031.jpg 4kTP156-pa-032.jpg 
4kTP156-pa-021.jpg 4kTP156-as-069.jpg
これは本当にどうでも良いかな。画像撮ったので一応。

背面ユニット部分はケーブル取り回し・セパレート用に、中央部に島を設けています。
島を設けた理由は、最背面からの圧力がかかった際、中央部が落ち込まないよう、支柱の役目もあります。

4kTP156-pa-041.jpg 4kTP156-pa-042.jpg 4kTP156-pa-051.jpg 4kTP156-pa-052.jpg 4kTP156-pa-053.jpg 



◆接着
4kTP156-pa-061.jpg 4kTP156-pa-063.jpg 
ベゼル部分で先に書きましたが。
部分的に接着を用いて強度を上げています。

13.3インチTPで用いた物と同じです。

4kTP156-tp-032.jpg 4kTP156-tp-037.jpg

組み立て順序


組み立て順序が入り組んでるので。
組み込み順の説明。

4kTP156-as-001.jpg 4kTP156-as-002.jpg 
まず、液晶にEDPケーブルを接続して、根本付近で折り返します

4kTP156-as-003.jpg 4kTP156-as-004.jpg 
L3部品を用意。(前面から数えて3枚目の部品レイヤー)
L3にある、EDPケーブル用のスリットにケーブルを通しつつ、液晶をセットします。

4kTP156-as-005.jpg 4kTP156-as-006.jpg 
液晶の四方にあるマウント金具と、L3に設けてある液晶固定用のネジ穴と合わせる。
フロートスペーサーと、M2 低頭ネジ8本を準備。

4kTP156-as-007.jpg 4kTP156-as-011.jpg 
液晶をスペーサー・ネジを使ってL3にマウント。
L2部品を用意。

4kTP156-as-012.jpg 4kTP156-as-013.jpg 
L2をセット。(載せるだけ)
L1を用意。

4kTP156-as-014.jpg 
L1をセット。(載せるだけ)

4kTP156-as-021.jpg 4kTP156-as-022.jpg 
次の作業が見やすいように、位置転換。
タッチスクリーンを用意。

4kTP156-as-023.jpg 4kTP156-as-024.jpg 
画像左側、L1-L3に設けてある、タッチスクリーン・FPC用のケーブルスリットに、FPCケーブルを通します。

4kTP156-as-025.jpg 
一旦ケースを持ち上げて、FPCケーブルを背面に回します。
最初の動作確認用・仮組み時は両面テープ無しでやって下さい。
マスキングテープ固定でokです。

動作確認後の最終組み込みをする場合、ここで両面テープを付けて固定します。

4kTP156-as-031.jpg 4kTP156-as-032.jpg 
ここから裏返して作業をするので、その準備。

ガラスに傷が付かないよう、タオルなどを敷いて作業をします。
タオルと一緒にひっくり返して、ケースを裏返します。

EDP・FPCケーブルはこのような感じになってるはず。

4kTP156-as-033.jpg 4kTP156-as-035.jpg
L4(黒マット)を用意。
EDP・FPCケーブルをL4に通します。

4kTP156-as-034.jpg 
スタンド用のナットを入れる場合は、ここで挿入。

4kTP156-as-051.jpg 4kTP156-as-052.jpg
ここから背面ユニット部分の作業になるので、メイン部・外周側をネジ止め。
L5をセットする前に、スイッチ基盤を仮置きして、基盤裏面の干渉を確認します。

4kTP156-as-053.jpg 4kTP156-as-061.jpg 
L5をセットして、EDP・FPCケーブルも通します。
L6(黒マット)をセット。(置くだけ)

4kTP156-as-062.jpg 4kTP156-as-063.jpg 
島部分の部品を用意。ポリカネジM3で固定。

4kTP156-as-064.jpg 4kTP156-as-065.jpg 
コントローラー・映像基盤を用意。
基盤をポリカネジで留めた後、それぞれのケーブルを接続します。
EDP・FPC・スイッチケーブル。

4kTP156-as-066.jpg 4kTP156-as-067.jpg 
USBケーブルを用意。
基盤側をポリカネジで固定。コントローラー側のケーブル接続します。

4kTP156-as-068.jpg
ケーブルホルダーを差し込んで、ケーブル類を固定。

4kTP156-as-069.jpg 4kTP156-as-070.jpg 
L7・L8をセット。

4kTP156-as-071.jpg 4kTP156-as-072.jpg 
L9をセット。
L10セット後に、Vesa・三脚用ナットを挿入。

4kTP156-as-073.jpg 4kTP156-as-074.jpg 
L11をセット。
L12(黒マット)をセット。

ユニット部外周をネジ止めして完了。


◆レイヤー

部品構成の参考に。
4kTP156-la-001.jpg 4kTP156-la-002.jpg 4kTP156-la-003.jpg 4kTP156-la-004.jpg 4kTP156-la-005.jpg 4kTP156-la-006.jpg 4kTP156-la-007.jpg 4kTP156-la-008.jpg 4kTP156-la-009.jpg 4kTP156-la-010.jpg 4kTP156-la-011.jpg 4kTP156-la-012.jpg  




蛇足

いつもの反省とか。

8kデレステPCのエントリー、まとめるの遅くなって面目ないです。
終わるはずだったのですが、続くので後でまとめて書きます。
制作物絡んでるので、そっちが終わらない。いつもこんな事、言ってる気がする

このタッチパネル、当初は使えないかもと言ってましたが、ケース設計ミスでした。
試作品はセンサー部分にネジが接触・短絡していました。間抜けです。それでも癖ありますが。

こんなんで出して良いのか迷うのと、そりゃいらねーなと思われる所は毎回理解しているのですが、出来る・出来ないの間で迷って何年も時間掛けたり、どのみち自分と作った物が腐るのは変わらないなら、形になったら、出すだけ出したほうが幾分良いかなという感じでやってます。何やってんだろうとは思いますが。

別のサイズを出すか未定ですが、またTP作る事があれば、動作確認の協力をお願いするかも。凄くお願いしたい。昨年12月にこの試作品の事を書いてましたが、あれから確認する時間を取れなくて躓いたので。

クラウドファンディングと外注以外の道って無いんですかね。


画像余ってしまった。
4kTP156-pa-011.jpg 4kTP156-pa-012.jpg 
関連記事

Comment

2017.05.15 Mon 23:18  |  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • #

2017.04.29 Sat 17:59  |  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • #

2017.04.05 Wed 21:19  |  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • #

2017.04.04 Tue 07:01  |  Re: お値段は?

返答が遅くなって申し訳ないです。
費用詳細については、お手数ですがメールにてお尋ねください。

部品が多い事もあって、まとまった数を調達出来ず、その都度に費用が変わる可能性があります。
予めご相談頂いた方には割引をしたいと考えておりますので、御一報頂けると幸いです。

  • #-
  • 島根鳥取
  • URL

2017.04.01 Sat 19:05  |  お値段は?

参考程度にお聞きしたいのですが仮に依頼した場合の費用はいくらぐらいでしょうか?
15.6インチ・解像度4k(3840x2160)のタッチパネル液晶です。

  • #gLpJDQmQ
  • 参謀かに
  • URL
  • Edit

2017.03.12 Sun 15:01  |  Re: タイトルなし

参謀かに さん

お目に留めて頂けて光栄です。
年度末の作業で立て込んでおりまして、暫くお休みしていました。

問い合わせのお手間をお掛けしてしまい、面目ないです。
処理が済んだので、今週から再開する予定です。

>完成品
完成品には組み込みとテストに時間を要する事もあって、今月は部品量産・新規試作を優先しております。
ご所望の場合、お届けまでお時間を頂くことになると思いますが…その都度、ご相談頂けると幸いです。

  • #-
  • 島根鳥取
  • URL

2017.03.10 Fri 14:38  |  

こんにちは、デレステとk1タブレットの検索で来ました。

非常に興味深い記事で記事を閲覧してたら。
15インチの液晶でプレイしたくなりました。

タッチパネルの完成品の販売などは対応していませんか?
対応無さそうでしたら頑張って自作はしてみようと思います。

私はXperia Z4 tabletでデレステやGF音符をプレイしてます。

  • #MfzDfcRE
  • 参謀かに
  • URL
  • Edit
お返事が必要な場合、メールにて御一報下さい。
紹介済み・重複する内容については、返信致しません。

Android x86関連は下記を情報交換に使ってください。
http://halfcoin.blog.fc2.com/blog-entry-48.html

If you need a reply please contact us by e-mail.
hiyokuirimo●gmail.com(●→@)

(編集・削除用)

検索フォーム

プロフィール

Author:島根鳥取
hiyokuirimo●gmail.com(●→@)

ヤフオク出品一覧
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/rdive6

Twitter
https://twitter.com/shimane_ttt

カテゴリ

提供中の物

4k 15.6インチ液晶 & タッチパネル
[キット]

13.3インチ タッチパネル液晶
[ケース] / [中身]

IPS 11.6 & 13.3インチ液晶
[キット]

4k解像度 15.6インチ液晶
[ケース] / [中身]
[ブラスト版ケース]

Igzo 軽量化版
[ケース] / [画像]

Igzo 通常版
[ケース] / [画像]

ipad AbuseMark
[ケース] / [ケース・ブラスト版]

最新記事

情報交換の場が無いかもと 2017/06/21
Androidx86関連の情報交換先にどうぞ 2017/06/21
6月 連絡と近況 その2 2017/06/21
6月 連絡と近況 2017/05/27
4月・5月 連絡と近況 (次に作る物) 2017/04/27
4K 15.6インチ液晶・タッチパネルキット(LG LP156UD1) 2017/03/21
2月 連絡&近況 2017/02/13
11.6 & 13.3インチ 2K IPS液晶パネル&ケース 2017/01/18
一年目ということで 2016/12/31
改良版 13.3インチ・タッチパネル ケース 2016/12/22
暫定・連絡用 4k 15.6インチ+タッチパネル 2016/12/17
要望あったのでGF8kチェック 2016/12/16
8kデレステ専用PCを作る経過 2016/12/04
デレステ8k4k画像追加と、次の 2016/11/14
4k・15.6インチ液晶用ケース(ブラスト加工) 2016/10/31

RSSリンクの表示

リンク

Copyright © 島根鳥取