11.6 & 13.3インチ 2K IPS液晶パネル&ケース

11.6インチと、13.3インチの液晶2種類です。
それぞれIPS、2k解像度(1920x1080)となります。

2k133ips-c-0103.jpg 2k116ips-c-0024.jpg
2k116ips-p-0012.jpg 2k133ips-p-0003.jpg

特別な性能・スペックはありません。
その特別な部分が無い所が特徴で、『汎用的な部分』が利点の液晶です。

2k116ips-p-0002.jpg 2k133ips-s-0002.jpg
2k116ips-p-0013.jpg 2k133ips-s-0014.jpg

特徴

ごく普通のIPS液晶ですが、平凡ながら、そこそこの画面サイズを使えるのが利点です。

  • HDMI入力・解像度:1920x1080
  • ノートPCに使われる液晶サイズで視認しやすい。
  • 8bit駆動なのでバンティングが抑えられる。

デザイン云々は毎度のクリア仕様です。
構造が見える = 部品がデザインのため、部品に合わせてレイアウトを詰めています。
スイッチケーブルは最短距離・直線で結ぶよう、ケーブルを自作して配置しています。

2k116ips-p-0012.jpg 2k133ips-p-0003.jpg 

HDMI映像基盤はコンパクト & 発色が良い基盤を選んで使用しています。

基盤サイズは『小さいければ野暮ったさが少ない程度』ですが、発色については重要です。
発色が液晶としての性能に直結します。色温度がRGB単位で調整出来るので、液晶ごとの個体差を吸収できます。バンディング・色階調の対応も良いようで、他の基盤と比較して、実用性・性能の良い物を使用しています。

2k133ips-c-0113.jpg TP133mb-001.jpg 


液晶

2k116ips-c-0003.jpg 2k133ips-c-0003.jpg
ノート用に使われる、11.6インチ・13.3インチの液晶を使用しています。

初回分はChimei Innoluxの液晶を使用しています。
時期や流通数によって、今後使う部品が変わるかもしれませんが…。
使う部品はオークションの方で、その都度記載します。

今回分だけで言うとIPS・2k解像度・8bit。
ノートPCに採用されている物なので、極々普通です。

11.6インチ・n116hse-ea1
13.3インチ・n133hse-ea1

◆良い所
階調が8bitなので、発色は綺麗です。
プロ用途に使えるという訳では無いですが、ノートPC搭載の下手なIPS液晶よりも綺麗です。

その違いは使用している映像基盤で、調色可能。元の発色の傾向も良い。
ハードウェア上で調色出来るので、ソフトウェア上で色の変更をするよりも、ロスが少ない。
液晶の固体差や、発色の好みもカバーできるので、発色は綺麗です。


◆悪い所
デフォルト状態の色温度が低いようです。
これは基板側で調整可能です。
2k116ips-c-0001.jpg 2k116ips-c-0002.jpg 
改善出来なかった所は、『n116hse-ea1』のバックライト配光ムラ・漏れ。
バックライトLED配置が少ないのか、手持ちの3台分とも同じ傾向がありました。
一方の『n133hse-ea1』は配光ムラ・漏れは見られなかったので、これは仕様だと思います。

といっても、暗い画面を表示しない限り、目立つ事はありません。
サブモニターとして使うには差し支える事は無いと思います。
2k116ips-c-0003.jpg 2k116ips-c-0004.jpg 

いつもの

もはやこれも毎度のなんで、簡単に紹介だけ。
4k15.6インチと、13.3インチTPで盛り込んだ要素をMIXしています。

デザインは4k15.6インチ。部品校正は13.3インチTP。
ぱっと見た印象は4k15.6インチの小型版で、良い所取りの間の子みたいな感じです。

15.6インチ 4k解像度液晶

13.3インチ タッチパネル


◆液晶フロート・スペーサー
2k116ips-c-0010.jpg 2k133ips-c-0011.jpg

液晶がケース背面側に接触しないよう、マウント部スペーサーを設けて、フロートしています。
ケース背面から圧力が掛かったり、曲がる力が掛かっても、液晶に圧力が加わりにくくしています。
アクリルと接しないことで、熱がたまりにくくなっています。

◆ベゼル
2k116ips-c-0012.jpg 2k133ips-c-0012.jpg 

ベゼル幅は下方部を除き、3mm~10mm幅に抑えています。
液晶マウント金具が入る都合、3mm箇所は強度が落ちるので、フレーム箇所はネジ打ちを増やして、強度を考慮しています。

フレーム層はアクリル3mm x 2枚を使用して、内部空間を確保。
密閉した空間で液晶がフロントパネルに接触すると、熱によってフロントパネルが熱くなり過ぎるので液晶とフロントパネルの間にも空間を持たせています。

前面側は防塵・視認性維持のため、スリットを設けれないので、前面の空間に持たせることで、内部でゆるやかに熱を拡散・放熱するようになっています。

◆背面放熱スリット
2k116ips-c-0024.jpg 2k116ips-c-0025.jpg

液晶下部、制御基板部分の発熱が大きいため、背面下部に放熱スリットを設けています。
前面側を開放出来ない分、背面から冷却をしています。

大きく開放すると、内部にゴミや埃が混入。
汚れが画面表示側に回り込むと、表示を阻害する可能性があること。

内部に空気を入れて循環・換気しなくても、縦長スリット内の換気で温度上昇を抑えられるため、背面下部にスリットを集中。幅の長い制御基板に直に当たるよう、横方向に分散配置しています。

◆コネクタカバー
2k116ips-c-0014.jpg 2k116ips-c-0015.jpg 

映像基盤のコネクタ部分側にも、アクリルを配して部品をカバーしています。
組み立て方法は圧入で、アクリル板に部品を差し込んで組み立てます。

カバー部品の周囲は、コネクタ露出側を除いて5方から包むようになっている事。
カバー部品アクリル板厚が2mm。スリット幅が1.8~2.0mmになっているので、しっかりと自立出来るだけの保持力があります。

差し込みが『ややきつめ』になっています。
差し込みにくい場合は、カバー部品のエッジを削ったり、シリコンオイルを塗るなどしてから、組み立てをして下さい。念のため、予備部品としてカバー部品をもう一つ添付します。


◆ケーブル取り回し
2k133ips-c-0111.jpg 2k133ips-c-0002.jpg 

HDMIケーブル・電源ケーブルは背面ユニット部・横側から差し込むようになっています。
下部からケーブルが出ていると、スタンド設置がしにくく、ケーブルの取り回しをしにくいこと。
コネクタ部分が正面から見えると野暮ったく見えるため、正面からコネクタが隠れるようになっています。


三脚 & Vesaマウント
2k133ips-c-0112.jpg 

背面は三脚穴と、Vesa(75mm)対応になっています。
いずれもケースの中心に位置しているので、画面を回転させた際、中心軸が外れないようになっています。シンメトリーデザインで偏心を抑えているので、重量バランス的にも画面回転を考慮した設計になっています。

◆スイッチ周り
2k116ips-c-0016.jpg

スイッチをケース上から押し込めるよう、スイッチ介在パーツを内包しています。
部品は板厚5mmのアクリルから切り出しているので、しっかりした接触感があります。

ケースを寝かした際の誤操作防止に、スイッチパーツの高さはケースよりもやや低めにしています。
スイッチ周囲にも、上下側に1mm幅の隙間を設けているので、指が触った際、これらの段差の触感でスイッチ位置を判断しやすくしています。

ケースの最背面・露出部分に隙間があると、内部へのゴミ・埃混入が生じるため、その一段下レイヤーでスイッチとの隙間を無くしています。それによって内部への影響は抑えると共に、くさび状のスイッチパーツを押さえ込んで、ケース内部に組み込めるようになっています。


◆部品カット
2k133ips-c-0113.jpg 2k116ips-c-0027.jpg 
当たり前すぎて後回しになってしまったのですが。

レーザーカッターで部品を切り出しています。
光沢・透明感のあるカット断面になっています。熱でカットしているので、断面は刃物でのカットや切削の様な、エッジのバリはありません。やや丸まった、適度なエッジ感があります。

細かい部品の切り欠きを入れた上で、外形寸法を統一して積層しています。
レイヤーごとに部品の干渉を避け、細かく切り欠きを入れることで、レジン封入の様な統一感を出しています。
2k133ips-c-0125.jpg 2k133ips-c-0126.jpg 2k133ips-c-0127.jpg 2k133ips-c-0128.jpg 


サイズ比較

2k133ips-c-0103.jpg 
いつもの雑な比較。
左上の2種は11.6インチと13.3インチ。


2k133ips-c-0102.jpg 2k133ips-c-0101.jpg
13.3インチはタッチパネルの方で比較取ったので、11.6インチの比較。

左上はigzo 7インチと、11.6インチ。 右上はipad 9.7インチと、11.6インチ。

ipad9.7インチを16:9にしたような感じ。
解像度はretinaよりも落ちますが、あれは細かすぎるのと4:3で見にくい。
こちらの方が作業が広く、文字も読みやすいため、実用性では優れていると思います。



TP133comp-004.jpg 
これは13.3インチTPです。上からigzo7インチ・13.3インチTP・4k 15.6インチです。
13.3インチ液晶と同じサイズなので参考に。
(今回4k15.6インチはTP化でバラしてしまって、比較画像撮らなかった)

スイッチケーブル・EDP

◆スイッチケーブル
2k133ips-c-0114.jpg TP133r1pa-007.jpg 
基盤に添付されている物が長すぎるため、ケーブルを自作しています。

13.3インチタッチパネルと同様に、内部に這わせてケーブル長を合わせる予定だったのですが、
11.6インチと設計を合わせる場合に、余剰分ケーブルを流して置く場所が無かったこと。流すと見た目が良くないため、基板間を直線的・最短距離で結ぶために、ケーブルを自作しています。

2k116ips-c-0029.jpg 2k116ips-c-0030.jpg 

◆edp
TP133r1pa-003.jpg TP133r1pa-004.jpg 
色々とあった所。
これもあっちに書いたのと、ここの末尾に蛇足で書きます。

2k116ips-c-0026.jpg 2k116ips-c-0023.jpg
2k116ips-p-0012.jpg 2k133ips-p-0003.jpg 
 

画像

◆11.6インチ・ステンレスボルト
2k116ips-c-0001.jpg 2k116ips-c-0002.jpg 2k116ips-c-0003.jpg 2k116ips-c-0004.jpg 
2k116ips-s-0001.jpg 2k116ips-s-0002.jpg 2k116ips-s-0003.jpg 2k116ips-s-0004.jpg 2k116ips-s-0005.jpg 2k116ips-s-0006.jpg 
2k116ips-s-0011.jpg 2k116ips-s-0012.jpg 
2k116ips-c-0022.jpg 2k116ips-s-0014.jpg 

2k116ips-s-0013.jpg 2k116ips-s-0015.jpg 2k116ips-s-0016.jpg 2k116ips-s-0017.jpg 


◆11.6インチ・ポリカーボネートネジ
2k116ips-p-0001.jpg 2k116ips-p-0002.jpg 
2k116ips-p-0011.jpg 2k116ips-p-0012.jpg 2k116ips-p-0013.jpg 2k116ips-p-0014.jpg 2k116ips-p-0015.jpg 2k116ips-p-0016.jpg 

◆13.3インチ・ステンレスボルト
2k133ips-c-0001.jpg 2k133ips-c-0002.jpg 2k133ips-c-0003.jpg 2k133ips-s-0001.jpg 2k133ips-s-0002.jpg 2k133ips-s-0003.jpg 2k133ips-s-0011.jpg 2k133ips-s-0012.jpg 
2k133ips-s-0013.jpg 2k133ips-s-0014.jpg 2k133ips-s-0021.jpg 2k133ips-s-0022.jpg 2k133ips-s-0023.jpg 2k133ips-s-0024.jpg 

◆13.3インチ・ポリカーボネートネジ
2k133ips-p-0001.jpg 2k133ips-p-0003.jpg 2k133ips-p-0004.jpg 2k133ips-p-0021.jpg 2k133ips-p-0022.jpg 2k133ips-p-0023.jpg 2k133ips-p-0024.jpg 2k133ips-p-0025.jpg 2k133ips-p-0026.jpg 2k133ips-p-0027.jpg 2k133ips-p-0028.jpg 

◆レイヤー
2k133ips-c-0121.jpg 2k133ips-c-0122.jpg 2k133ips-c-0123.jpg 2k133ips-c-0124.jpg 2k133ips-c-0125.jpg 2k133ips-c-0126.jpg 2k133ips-c-0127.jpg 2k133ips-c-0128.jpg 2k133ips-c-0129.jpg 2k133ips-c-0130.jpg 


蛇足

ケースの使い勝手には関係ないので、放置してokです。

蛇足というか、言いたいこというか、痛い事というか。こっちが本編かも。
書いておくと何かの役に立つかもしれない。いるのかわからないけど。
あと、こういう話の方が楽しまれている節がある最近。

ほぼ、ここ一年の話です。


◆期間
最初暫定でこれ書いた時『2016年4月から始めた』って書いてましたが、記録漁ったら2月でした。
作業記録を見たら2016年2月に手を付け始めていたので、11ヶ月掛かってますね。

これで11ヶ月掛かってるのかよと、自分でも鼻で笑うしか無いですが。
危うく1年掛かる所だったな、と嘲笑です。スウィーティーじゃない。
ノウハウ不足と、終始、段取りが悪かった。


◆2月・当初
4k15.6インチは動作確認して最初の山を超えていたので、次の液晶を模索。
このサイズの液晶って、使えなくも無いと思うんだけど…と開始。

既に甘い。


◆3月
一通り部品が揃いました。
けれど、基盤が大きすぎ。これで停滞。

動作は大丈夫だろうと調達したのは、よくある基盤です。
確かに動作は良いのですが、レイアウトどうするのかと。うんざり。
試しに4k 15.6インチの上に乗っけて考えるも、大き目の15.6インチでもこのざま。

2k133ips-c-0200.jpg

これ、どうレイアウトとって、どうケーブルまとめたら綺麗になるんだよ。
暫定設計・試作・変更・作り直し。で、12月まで続けます。
スイッチケーブルに至っては、一から作る事になります。

ひとまずこんなものかな?とスタックしてまとめる方向に。
専有する面積を抑える & 部品の見栄え悪い所はスタックして隠してしまえと。
2k133ips-c-0202.jpg 2k133ips-c-0201.jpg 


2k133ips-c-0203.jpg 
ちなみに、2k・HDMI用に15.6インチも調達していました。
ただし間違ってTN・LVDS買ってしまった。これが原因で15.6インチは脱落してます。

この液晶から、kit品ではなく、組み合わせて作ることになった事。
11.6・13.3インチといっても、使用アクリル量は多いので、作るノウハウが足りてません。


◆4月
2k133ips-c-0205.jpg 
4月はひとまず設計しつつ、どうにもならねえなコイツ。と、唸ってました。
4kの方も基盤故障とかあって、返送・交換で唸っている頃。

考えても行き詰まり。
試作なり実物見て考えないと進めようもないので、設計は出来るところまで進めます。
液晶部分のレイヤーと、基盤の脚干渉部分だけ進めて、サイズ感を確かめるための下準備。

ああ、そうだ。
スペックシートの外形寸法が間違っていて合わなかった。
別の液晶用と同じサイズだったので、それを参考に作ってます。
モデル名は一緒なんですが、Ver.が違うせいか別物だった。それで時間掛かってる。


◆5月
液晶部分が出来たけど、合わせてみたら、やっぱ駄目。
この野暮ったさは許せない。結局行き詰まり。

2k133ips-c-0206.jpg

当初のスタック方式もケース厚があり得ないので、普通の配置に戻します。
11.6インチでレイアウト取ると、側面配置だと部品が液晶サイズからはみ出しかねないサイズ。
ギリギリなので無しです。ナシです。ありえないです。とにかく基盤が大きい。それに幅がありすぎ。いらないコネクタ多い。

コネクタを下部に出すのも、この基盤だと中途半端になるので、んなもん、欲しくもない。
もう割り切って11.6インチは取りやめです。ここまで15.6インチもやってましたが、それもキャンセルです。4kあるし。

13.3インチでやっても似たような結果で『なんとか収まってる程度』ですが、実験作程度に2台作って、終わらせようかと一応進めます。自分が欲しいかと言われると、即答で『んなもん、いらない』なんですが。もはや引き返せない感じに。


◆6月
巻き戻って基盤変更。
作りたくない物をやるのは、作業が捗らない。
継続して作るなら、しっかりやりたいので、別の部品に手を出す。

ここでやめて、部品だけ処分すれば良かった。と、思う分岐点。
止めたら止めたで、くすぶるんですが。
 
ちょっと小さめの基盤を見つけたので発注します。
誰も使ってない、情報が無い部品なので、手を出すか迷いつつも『やめるにしても、やるだけの事はやっておこう』と注文。

もう、止めるにも切っ掛けがないと、引っ込みが付かない状態です。村同士の争いなら、どちらかが滅びるまで戦う。既にそのための結束儀式を村長が済ませてしまったので、もはや引っ込みが付きません。

が、結束したけど相手の出方を伺う状態になり、6月は部品待ちと、体調崩してお休みしてました。
部品は中国税関で止まって差し戻されたり、いつまでも航空便に積まれなかったり。

追跡と問い合わせがこの時期の作業みたいなもので、手を出した事に対して、嫌気に輪をかけている頃です。結局、送り主がインボイス書き間違えてただけ。それだけ売れてないし、買う人いなかったんだろうな…と、届いて、使ってみて、その性能の半端さに納得します。


◆7月
変更した基盤が届きます。

13.3インチTPでも書いたヤツです。
色温度が変更出来ない。発色も悪いんです。
色温度に関しては、仕様書と違って実際は変更出来ないってー、もー。

買って触ってみて『実際は出来ない』『性能が悪い』って事がわかるパターンです。
輸入以外でもあるんですが、問い合わせも返品も、ちゃんとならないのが違いです。

これがあったので最近はトラブル時の連絡と、気持ちの割り切りが出来るようになった気がする。
なので、多分ヨカッタヨ。作れる部品は自分で作った方が良いよ。

まだ使いたい部品ではないので、また別の基盤(今回使っている基盤)を見つけて、発注。
これ以外は使える物が見つからなかったので、最後のつもりで注文。


ちなみに。
これと同じタイミングで13.3インチTPを作る事に。
既に気持ちはタッチパネル(TP)メインになっています。

基盤は諦めつつあるので、欠点を抱えてても、いずれかの物を使用して、なんとかTPを作る方向にシフトしています。それもあって気分を持ち直して楽に。

最終的に。
良い部品が見つかったのと、ノウハウも付いたので、この経緯は無駄ではなくて良かった。
基盤云々よりもタッチパネルが無かったら、この液晶作るの、ここで止めてたかな。


◆8月
この辺りから13.3インチTPで書いた所。

部品が届いて、コンパクトかつ良発色な条件が揃った。
サイズの問題も解決したので、11.6インチ液晶も再度作る事に。

ここから何が悪かったって、これまでの遅れを取り戻すのに、急ぎ過ぎた事。
11.6・13.3インチ液晶、13.3インチTPが同じ部品だからと一緒にやった事。
修正があると全部連動して修正。なので、どこをどこまで修正したのか、わからなくなる。

おまけに都度全部、試作を出してたので、無駄です。
共通なので、一つ作り終えてからやるべき。


基盤は決まったので、出品分の部品をテスト調達してます。
届いた荷物を見たら『ニュースで見る、税関で発見された末端価格いくらの密輸』みたいな感じ。

2k133ips-c-0208.jpg 2k133ips-c-0207.jpg 

これじゃないんですが、タバコの空き箱に入れてあって、タバコ臭いのとかありました。
箱の中は部品剥き出しって、それ梱包じゃない。箱のせいで余計に関税かけられたんじゃないかと疑いたくもなる。

TP133r1pa-003.jpg TP133mb-001.jpg 

閑話休題。
テスト発注分が問題無かったので『基盤問題は片付いた』と、一安心したのですが、この次、9月の調達分が問題。EDPケーブルが変わります。そのためケースもやりなおします。

ここから迂闊に発注が出来なくなって、段階を踏んでから進めています。
それもあって念入れてます。

タッチパネルも同じ基盤使ってるので、この基盤問題の期間を含めると、半年以上掛かってるんだなと思うと、ゾっとする。


◆9月
2k133ips-c-0209.jpg
 
行きつ戻りつして、一旦終わって出来たんです。
上の画像、右のヤツに決めて出品分の出力までしました。

Warkさんに頼んで汚れが無いよう、丁寧に作った頂いたのですが、TPを優先する事にしたのと、既に半年経過して一息付きたくて一旦休憩。

で、2回目の基盤調達でEDPが違う物が届いて、この作った分。破棄してやりなおし。
部品を再発注するかどうかになったのですが、念を押して注文しても、どうなるかわからない。
発注先変えて問い合わせしても同じ事。発注は四苦八苦するのが常なので、ケース側で最適化。
EDPを今回のタイプにして、作り直します。

で、出力してもらった後、また寝かして…。

◆11月・12月
13.3インチTPを作り直しています。改良です。
同じ部品であっちは改良したのに、こちらは放置。という訳にはいかないので、こちらも大半の部品を作り直しをしています。2度目の出力しなおしです。

結局、以前のEDPが入手出来ても、ここで別の改良をしてるので、↑の画像の部品は使い物にならなくなりました。設計変更で10台分ほど、出品予定分を破棄してるはず。端材置き場漁れば、↑の部品はまだあるだろうけど…あそこは辛い思い出の墓場と化しているので、そっ閉じ封印で、画像撮りません。安らかに。


◆年跨いで、1月
ひとまず終わりました。
あれから1ヶ月経ちましたが、改良は無さそうです。
年越して、すっかり持ち越しましたけどね。

クリアケースの辛い所は、内部が見える事。改良すれば目に見える。
そこがデザインに直結して手が抜けない所なので、やりきるまで出せませんでした。
いや、出しても良かったのに、気に食わないからとやりなおして、かつ、腕が悪いのが問題です。
自業自得です。

経緯を振り返って、言うだけ言っておくと…なんですかね。
時間掛かり過ぎて既に飽きたというか、うんざりしてる物を振り返るのは面白くなくて『今日やっと書いた』というのは、これに限ったことでは無いのですが。手間掛けすぎて引っ込みが付かなくなっているとか…作り込むと、作った後は『終わった物』になって手を出しにくくなるというか。

もう見たくないけど、ほぼ一年前、当初のアレから考えるとやっとかよ、とか。
収まるべくして収まった今の姿。やりきった事を振り返ると結局は憎めないというか…。何かと複雑な部分はありますが、所々振り返っても、結局は『自分が気に食わない気持ち』でやってたので、そこは自業自得でございます。
2k133ips-c-0200.jpg 


◆終わり
2k116ips-p-0013.jpg 2k133ips-s-0014.jpg
基盤を選んだり、四苦八苦した事もあって、ノウハウも溜まりましたし、悪い事ばかりでは無いです。これが無いまま、13.3インチTPをやっていたらと考えると、中途半端さが一層目立ったと思います。

11ヶ月掛かりましたが、その間に実質2回分改良。
更に寝かしても、もう無いかな?という状態なので、完成したと思います。

後は部品の調達が問題なので、下手したら、2種x2台分を出したら終わるかもしれません。
ほぼ一年掛かって、この4台で終わるかもしれませんが、また部品が整う事があれば、ひっそり出します。

ひとまずこの村は討ち滅ぼしたので、次は4kのTP化です。やっと今年の新しい作業始めます。
関連記事

Comment

お返事が必要な場合、メールにて御一報下さい。
If you need a reply please contact us by e-mail.
hiyokuirimo●gmail.com(●→@)

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

検索フォーム

プロフィール

Author:島根鳥取
hiyokuirimo●gmail.com(●→@)

ヤフオク出品一覧
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/rdive6

Twitter
https://twitter.com/shimane_ttt

カテゴリ

提供中の物

4k 15.6インチ液晶 & タッチパネル
[キット]

13.3インチ タッチパネル液晶
[ケース] / [中身]

IPS 11.6 & 13.3インチ液晶
[キット]

4k解像度 15.6インチ液晶
[ケース] / [中身]
[ブラスト版ケース]

Igzo 軽量化版
[ケース] / [画像]

Igzo 通常版
[ケース] / [画像]

ipad AbuseMark
[ケース] / [ケース・ブラスト版]

最新記事

4月・5月 連絡と近況 (次に作る物) 2017/04/27
4K 15.6インチ液晶・タッチパネルキット(LG LP156UD1) 2017/03/21
2月 連絡&近況 2017/02/13
11.6 & 13.3インチ 2K IPS液晶パネル&ケース 2017/01/18
一年目ということで 2016/12/31
改良版 13.3インチ・タッチパネル ケース 2016/12/22
暫定・連絡用 4k 15.6インチ+タッチパネル 2016/12/17
要望あったのでGF8kチェック 2016/12/16
8kデレステ専用PCを作る経過 2016/12/04
デレステ8k4k画像追加と、次の 2016/11/14
4k・15.6インチ液晶用ケース(ブラスト加工) 2016/10/31
Abusemark ipad液晶用ケース (ブラスト加工) 2016/10/18
13.3インチ・タッチパネル ケース ※10/18追記 2016/10/12
13.3インチ・タッチパネル部品 2016/10/11
Android x86で4k・8kデレステ遊ぶ 2016/10/02

RSSリンクの表示

リンク

Copyright © 島根鳥取